海外の水素水事情

実は水素水の研究先進国は日本ってご存知でしたか?

水素水の健康効果についての論文発表は日本人が2007年に行っており、そこから全世界に広がりました。
水素水サーバーなど関連商品も先に日本で広がりましたが、現在では海外でも普及し始めています。

水素水を海外の言葉でいうと?

英語圏
Hydrogen rich water

中国語圏
氢水

韓国語
수소물

【それぞれの人気は?】

日本では水素水サーバーだけでなく、コンビニでも見かけるようになった「水素水」ですが海外での認知度はどのくらいあるのでしょうか。
日本はもちろん英語圏代表のアメリカやお隣の中国、韓国の水素水事情を調べてみました。

1、アメリカ

アメリカは家庭向けウォーターサーバーの普及率が日本よりも圧倒的に多く、水素水サーバーが普及する環境も出来上がっています。
水素水事情はというとアメリカも人気が上がってきており、徐々に一般への普及してきています。
実は水素の健康効果についての論文発表は日本人が2007年に行っており、水素水についても日本の方が先に普及しているようです。
新しいアイテムは何でもアメリカ発信という訳ではないのですね。

2、中国

中国でも、水道水の問題からウォーターサーバーは一般的に普及しており水素水も「氢水」として販売されています。
アメリカと同様、少しずつ市場が拡大しており関連する展示会でも水素水関連商品が人気を博しています。

3、韓国

韓国では日本と同じくオフィスや商業向けのウォーターサーバーが普及して、その後家庭用ウォーターサーバーが追随している状況で水素水については日本と同じく健康効果が認められてから、一般的な認知度も高まっています。
また既に水素水シャワー器など水素水に関連する商品も登場するなど水素水市場は拡大を続けています。

いかがでしたでしょうか。水素水の普及は今のところ日本が世界に対してリードしていますが、ウォーターサーバーの普及率や人口から考えてもアメリカや中国に抜かれてしまう日も遠くないことでしょう。
これからも、海外の水素水事情に変化がありましたら情報を更新していきたいと思います。

お問い合わせ