世界のウォーター
サーバー事情

世界のウォーターサーバー事情

ミネラルウォーターを手軽に飲むことができるウォーターサーバーですがアメリカ発祥だと知っていましたか?
欧米の中でもアメリカは特にウォーターサーバーの普及率が高く一般家庭の約半数と言われています。
世界的にウォーターサーバーが広まった理由は、その便利さだけでなく各国の水道水事情にあります。
北米や欧州は比較的水道水が飲める国が多いですが、東南アジアやアフリカなど水道水は基本的に飲めないものと認識されています。
そのため生活必需品としてミネラルウォーターは身近な存在であり、ウォーターサーバーの登場も自然に受け入れられました。

日本のウォーターサーバー事情

日本でのウォーターサーバーは2000年以降徐々に広まり、日本社会に浸透してきました。
その後2011年の震災を契機に防災対策の意識が高まりウォーターサーバーのニーズが一気に高まりました。
元々水道水を安全に飲める日本ではミネラルウォーター自体がぜいたく品と考えられていた時期もありましたが、今ではミネラルウォーターはもちろん、ウォーターサーバーの普及率は5%ですが現在も拡大を続けています。

水素水事情

日本では、コンビニやドラッグストアでも売られるようになり一般的になった水素水ですが、世界の水素水事情はどうなっているのでしょうか。
欧米で水素水は「HYDROGEN RICH WATER」と呼ばれており緩やかにではありますが市場の拡大を続けています。また意外ですが、水素水に限っては欧米よりも日本の方広く浸透しており認知度も高い状況です。

日本の有名なウォーターサーバー・
水素水サーバーメーカー

日本で拡大を続けているウォーターサーバー、水素水サーバー市場ですがユーザーに支持されているウォーターサーバー・水素水サーバーメーカーはどういったところがあるのでしょうか。
下記一覧にてチェックをしてみましょう。

【ウォーターサーバー】

1、クリクラ
チャイルドロックが付いているウォーターサーバーを提供しています。子供が弄って床が水浸しといったリスクを抑えることができます。
2、コスモウォーター
水がタンクではなく女性でも持ち上げやすく取っ手が付いているパックを交換します。女性の一人暮らしにも最適です。
3、アクアクララ
ウォーターサーバーの電気料金が比較的安く大手ということもあり安心感があります。

【水素水サーバー】

1、アクアバンク
アクアバンクの水素水サーバーはマグネシウムによる「化学反応式」で驚きの月額3,980円を実現しています。
2、アルピナウォーター
月額利用料+水素水キットは月額約1,500円ですが、ここから利用した分のミネラルウォーター費用が掛かります。
3、ガウラ
水素水サーバーのレンタル料金が5,980円(レンタル期間3年の場合)ですが、ここから利用した分のミネラルウォーター費用が掛かります。

いかがでしたでしょうか。水素水サーバーの比較では主に費用について取り上げさせていただきましたが、各メーカーとも、これまでのウォーターサーバーの費用と大きな差はなく乗り換えもしやすいということがお分かりいただけたかと思います。健康や美容に気を使う人にも選ばれている水素水サーバーをウォーターサーバー導入や乗り換えの選択肢として覚えていただけましたら幸いです。

お問い合わせ